ナビゲーションをスキップして本文へジャンプする。


2013年7月アーカイブ

有賀誠司の最新著書が出版されました。従来型の部位別筋力トレーニングだけでなく、生活動作の機能改善を目指すファンクショナルトレーニング(動作別筋力トレーニング)を加え、両者の相乗作用によって効果を引き出す手法を紹介しました。中高齢者を対象として筋力トレーニングを指導される方にご一読いただけたら幸いです。

書名「マシンがなくても実施できる 部位別・動作別筋力トレーニング エクササイズ&プログラム 中高齢者向け筋トレ指導マニュアル」

 書籍の詳細はこちらをご覧ください

発行:日本プランニングシステム   

発行日:2013年7月19日

読者対象:フィットネスクラブ、病院、介護施設などで運動指導やその運営を担当される方。パーソナルトレーナー、健康運動指導士、健康運動実践指導者など。

内容

ロコモティブシンドロームや加齢に伴う筋肉量の減少(サルコペニア)の予防と改善に役立つ中高齢者を対象とした筋力トレーニングに関する書籍です。

筋力トレーニングの実技は、筋量や筋力の維持・向上を目的とした部位別エクササイズ((63種目)と、歩く、階段を昇る・降りる、持ち上げる、荷物を運ぶなどの生活動作の機能改善を目的とした動作別エクササイズ(46種目)の2つに分け、特別な器具を使わなくても実施できる内容を中心に紹介しました。

有賀誠司の記事が下記2誌に掲載されました。

「月刊ヴォルト(徳間書店)」2013年8月号

 女子マラソン選手谷川真理さんとの対談記事と、有賀誠司が指導・監修を担当

 したトレーニングが紹介されています。

「大人のカラダSTYLE(学研パブリッシング)」第12号

 とじこみ付録「逆三角形ボディ完成バイブル」のエクササイズ指導と監修を有賀

 誠司が担当しました。

このページの先頭へ戻る